FC2ブログ

北海道撮影旅行1999年夏(寝台特急列車編2)

トワイライトExp8002(3)
(写真1)この場所で上り「トワイライトエクスプレス」を撮影。暑かった。
室蘭本線 長和-有珠にて。(写真は全て1999年8月撮影。)

今晩から明日の未明にかけて台風が関東を通過しそうだ。朝から蒸し暑い。

さてそんなことは置いておいて、今回も、過去のライブラリィから紹介しようと思う。

撮影した当時の写真は1999年の夏。前回の続き、道南地区編(後編)である。

1.上りの「トワイライトエクスプレス」を撮影する。

寝台特急目当てで本格的に胆振地方中心に通い始めるわけだが、この当時、時間の都合で上りの寝台特急列車を撮影したコマが思った以上に少なく、唯一上り下り共に日中時間帯の走行の長い寝台特急「トワイライトエクスプレス」の写真は撮影しておきたかった。

以前、ある雑誌で紹介されたあの場所で、上り「トワイライトエクスプレス」を撮影するために、個人的に「原農園裏」と呼んでいる有珠-長和のポイントに向かった。

お昼を食べてから、午後の上り列車を撮影しつつ、16時前に現場に到着。

車を降りて、16時10分過ぎに通過する上り「トワイライトエクスプレス」を待つ。

16時10分を回って、踏切が鳴り出した。やがて、トンネルから「トワイライトエクスプレス」のHMをつけたDD51が見えた。1006号機が前ソだ。

それにしても、この1006号機は撮影に来るたびに良くお目にかかる釜だ。果たして、この車が廃車になるまで、何回記録しただろうか?

機関車の正面が少し右に曲がった所からシャッターを切り始めた。列車は短笛一声、通過していった。手ごたえがあった。(写真1)

トワイライトExp8002(2)
(写真2)この場所で団臨「トワイライトエクスプレス」を撮影した。
室蘭本線 礼文-小幌にて。

2.団臨「トワイライトエクスプレス」を捉える。

道南方面へやってきた日。午後になって、徐々に曇ってきた。

しかし、以前からやってみたいアングルがあった。

それがこのアングル。(写真2)

このアングルでまともに撮ろうとすると、日の長い時期しかこのアングルで撮影することが厳しい。

洞爺方向に車を走らせ、やがて個人的に「森林公園入り口横」アングル近くに到着した。

車から降りて、ロケ地に向かうが、徐々に曇ってきてしまって、光線は厳しい。

カメラと三脚をセットとして通過を待つ。

やがて時間は16時30分を回り、上り「スーパー北斗16号」、下りの貨物列車1本を見送り、いよいよ上り「トワイライトエクスプレス」の通過時間である…。

「これは厳しいなぁ…。」

E100VS(+1)で1/500で絞りは開放に近かったような気がする。遠めに上りの「トワイライトエクスプレス」が見えてきた。団臨はHMが付かない。ピントを置いた位置でシャッターを切った。

北斗星1号(1)
(写真3)またいつもとは違う場所で「北斗星」を撮影。
室蘭本線 大岸-豊浦にて。

3.いつもとは違う場所で「北斗星」を撮影する。(その2)

この日は朝から天気が良く暑かった。車で大岸-豊浦のS字アングルを目指す。

6時前に現場到着。しかし、この日は「カシオペア」も「トワイライト」もないため、時間には余裕がある。

近所まで来た所でロケハン開始。S字の大分奥まった所の土手下辺りまで車で入っていった。車から降りてその場所まで行ってみて光線を見ると悪くはない。

「ここで撮って見よう。」

機材をセットし終えて、時計を見ると6時40分を過ぎた所。間もなく普通列車が来る。とりあえず肩慣らしでシャッターを切る。悪くはない。

やがて、「北斗星1号」の時間だ。

遠くからDDの汽笛が聞こえた。やがて定時で「北斗星1号」が通過。続行で「北斗星81号」が通過。いつもとは違った場所で撮影がしたかった。

300mmでフジクロームベルビア(+1増感)でいい感じに記録できて良かった。

この後も撮影を続けるのだが、1999年夏の写真はこのくらいにして、次回は2000年夏の北海道寝台列車の写真を紹介しようと思う。

改めて写真を眺めてみると、絵の作り方はさておきとして、寝台特急の本数が多くて撮影の機会が多かったことが良かった。やはり夏の晴れの時期の撮影はいい。

日も長い時期に行けば、長く楽しく撮影が出来るので、ついつい行きたくなってしまうのである。

((写真3)は函館運輸所発行オリジナルオレンジカード「北斗星」に採用。)
スポンサーサイト



テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

tag : DD51 トワイライトエクスプレス 北斗星

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
この3枚はいずれもDD51が浮き上がって見え、その上2枚目は印象に残る青発色、3枚目は先頭だけに光が当たり浮かび上がり、不思議と心に残ります。
どうしたらこう撮れるものでしょうか?

いつもありがとうございます!

> 神戸のブレービーさん

いつもカキコいただき、ありがとうございます!

そんなにお褒めのコメントをいただくほど、大した絵ではありませんから!(汗)

このころは、まだ未開拓の撮影地が多く、いろんな場所でチャレンジしていたのを思い出します。

他の人の写真を見ては、「自分だったら、まだ何かできるんじゃないか?」とか思いつつ、撮影に出かけたものです。

1枚目はDDが少し斜めになって、次位機がわかるような絵が撮りたかったので、あぁいった絵になりました。

2枚目は曇ってはしまったものの、団臨トワイが撮れてよかったと思っています。

3枚目については、サイドがやや弱いものの、普段雑誌では載らないような場所で撮れた点では大きかったと思っています。
プロフィール

W1

Author:W1
最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから24年余り…。

未だに単焦点レンズを使って撮影しています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

私のブログはリンクフリーです。リンクはご自由に。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただきありがとうございます。引き続きよろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

お問い合わせ等のメールフォームは、リンク集の一番下にあります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR