FC2ブログ

さよならキハ183系「北斗」(1)

183北斗04040306
(写真)N183系の「北斗」は既に姿を消した。「北斗4号」(当時)。
室蘭本線 礼文-小幌にて。2004年3月6日撮影。

今春のダイヤ改正で函館口から姿を消すキハ183系定期「北斗」。
かつて記録した写真から紹介していこうと思う。

1回目は、まだN183系が「北斗」で使われていたころのもの。
当時、デジタルに移行してまだ間もないころの写真で、この日は朝からあいにくの曇り空だった。

編成を撮っても良かったのだが、HET色の183系。この先頭のHETロゴがわかる写真を撮りたかった。
曇り空で影の心配もないが、背景が曇り空ではあまり面白くない。

そこで、バックが森になるこの場所での撮影を決断した。
くもりの日は、出来れば背景に空は入れたくはないと思うのが本音。

間もなく上り「北斗4号」の通過時間だ。
この時間は、朝の「北斗星」も下り貨物列車も通過して、上り「スーパー北斗2号」も通過してひと段落したところでやってくるのだ。

通過時間まで、軽くカメラを素振りして待つこと暫し…、

トンネルから接近警報のブザーが聞こえてきた。遠目には上り「北斗」の姿が見える。

築堤を上り始めて、ピントを追わせつつ、タイミングを計ってシャッターを押した。

結果はご覧の通り。

キハ183系の駆ける姿を捉えることが出来たのと同時に、写真を見て改めて朝の寝台特急から1日の撮影が始まり、車で移動しながら貨物列車から普通列車、特急列車まで色々な列車の撮影をして、日没後に本州に向かう上り寝台特急で1日の撮影が終わる。

1日列車を追いながら撮影していた日々のことが懐かしく思い出されるとともに、長く撮影してきた列車がまた一つ幕を降ろす日が近いんだということを実感しています。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : キハ183 北斗

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

W1

Author:W1
早いもので、最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから23年が過ぎました。

未だに単焦点レンズの描写の良さから使用し続けている状況です。カメラバックが重くても、単焦点レンズを詰めて撮影に出かけています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

なお、私のブログはリンクフリーです。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただき、ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

お問い合わせ等のメールフォームは、リンク集の一番下にあります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR