FC2ブログ

たまに食堂車の雰囲気が恋しくなると…。

グランシャリオ東川口(1)
(写真1)11月も中旬になると、ディナータイムは日没後だ。
かつて「北斗星」で走っていたころの感覚に陥るから不思議だ。
東川口 ピュアビレッジ名倉内「グランシャリオ」前にて。2017年11月17日撮影。

北斗星」が姿を消して、間もなく2年…。
毎日走っていた姿を見なくなってから久しい。
とともに、どこか寂しさのようなものを感じることがある。

そうなってくると、寝台列車の食堂車の雰囲気が恋しくなって、ここ「グランシャリオ」を訪れてしまう。

そう、実車は動かなくはなってしまったが、現役で走っていた食堂車の車内で、ほぼ当時の状態に近いままで食事ができるのだ。

ディナータイムは3日前までの予約制だが、週末以外は比較的取りやすく、この日は私と知人の2人のみだった。

この日のお食事(一部)
(写真2)この日のディナーの2の膳。お食事は松花堂スタイルのイタリアン。
「グランシャリオ」車内にて。2017年11月17日撮影。

写真はディナーで飲み放題(2時間制)付のもの。
お値段は、車両維持費500円を含んで5500円(税込)。もちろんディナーのみの予約も出来る。

食堂車「グランシャリオ」の雰囲気と相まって、中々いいのだ。
定期列車の食堂が全滅した今、かつての食堂車で食事ができることそのものが貴重なのだ。

料理も申し分ない。
いざ席に着いて食事が始まると、かつて「北斗星」で営業していた時のような感覚に陥るから不思議なのだ。

車内で食事をしながら、かつて「北斗星」に乗っていたころの思い出話に耽るもいいだろうし、雰囲気に浸りながら食事を楽しむのもアリではないかと思う。

まだ、訪問したことのない人で、もう一度「北斗星の食堂車」の雰囲気で食事を味わいたい人には是非おススメしたい。

詳細は以下の通り。

(お店)グランシャリオ東川口
埼玉県川口市戸塚3-31-31
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

tag : 北斗星

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

W1

Author:W1
早いもので、最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから23年が過ぎました。

未だに単焦点レンズの描写の良さから使用し続けている状況です。カメラバックが重くても、単焦点レンズを詰めて撮影に出かけています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

なお、私のブログはリンクフリーです。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただき、ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

お問い合わせ等のメールフォームは、リンク集の一番下にあります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR