FC2ブログ

JR貨物30周年HMを付けた新鶴見EF65(1)

8592レ170924
(写真)前回の時は撮影しないで終わったが、今回はすぐに撮影に行けるところで回ってきたので、
早速撮影。2095号機牽引の配8592列車。
常磐線 北千住付近にて。 2017年9月24日撮影。

新鶴見機関区所属のEF65に貨物会社30周年記念HMを取り付けているようだ。
今回は2063号機と2095号機に付いているようだ。

ただ、2063号機は東海道・四国遠征運用に出てしまっていて、すぐには戻ってくる気配はない。

しかし!2095号機の運用を眺めていたら、

「9月23日 配8593列車 2095。HM付き。」

「HM付き??ならば、明日配8592列車に入るから撮影行けるなぁ…。」

早速8592列車の時間が近くなったので、いつものアングルで戴くことに。

8592列車は編成が短い…。

となれば、最初からこのHMがわかる絵になればいいので、さほどプレッシャーはなかった。
10分前に現場に付いたが、多少雲が広がったおかげで、影の心配もなくなった。
1本前の上り快速でアングルチェック。特に心配はない。

やがて、15:43過ぎに踏切が鳴り出した。間もなく8592列車は来る。
予告通り、2095号機1エンド頭でHM付きで登場した。

正面を追いながらタイミングを計ってシャッターを押した。

結果はご覧の通りで、正面がちでHMが分かるアングルでゲットできた。

前回のHM付きは、タイミングが合わなくて、1回もシャッターを押さないうちにHM取り付け期間が終わってしまったので、今回はやっておかなくてはと思っていたので、撮影が出来て良かったと思った。

それにしても、この2095号機の1エンド側、ジャンパ栓が埋められてしまっている姿は違和感を感じるのは気のせいだろうか?
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : EF65PF 貨物列車

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

W1

Author:W1
早いもので、最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから23年が過ぎました。

未だに単焦点レンズの描写の良さから使用し続けている状況です。カメラバックが重くても、単焦点レンズを詰めて撮影に出かけています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

なお、私のブログはリンクフリーです。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただき、ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

お問い合わせ等のメールフォームは、リンク集の一番下にあります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR