FC2ブログ

復活した「北斗星」(6)

北斗星上り0811
(写真)「北斗星」のHMが金縁マークだと聞いて撮りに出た一枚。このHMが出るということは…?
東北本線 尾久-上野にて。2015年8月11日撮影。
EF135㎜ F/2L 1/1000sec f:4 ISO:100 AWB

いよいよ「北斗星」が終焉に向けて動き出した…。

ここの所、「北斗星」運転日にはHMが金縁のものを取り付けているようだ。

金縁仕様のHMを取り付けるということは、そろそろこの列車が終わりになることを暗示しているかのようにも思える。

「これは見ておきたい。撮るにあたって、そのHMがわかるアングルで押さえたらよいのでは?」

この日はちょうど世間一般では、旧盆休みが始まっている。

案の定、上野寄りの定番S字は大勢の撮る人たちでにぎわっている。

そこで編成を撮る気はなかったので、久しぶりに日暮里駅近くの歩道橋へ。

そう、このHMがわかる絵になればいいので、機関車とこのHMがわかればそれでいいのだ。

実際に行ってみると、2人しかいなかったので、特に問題もなくアングル確保が出来た。

しかし、お天気が…。

台風の遠い影響からか、天気が猫の目なのだ。これには参った。

実際に「北斗星」が通過する直前まで雲に隠れていたのだ。

列車がファインダーに入ってから半分くらいで一気に日が射したので、とっさに1段絞って何とかなった。

結果はご覧の通りだが、機関車と金縁「北斗星」のHMがわかる絵になったこと。

やっぱり、金縁「北斗星」HMは別格だ。

この場所でこのアングルが、自分の中ではしっくりくる感じがする。

蒸し暑い中出向いてよかったと思った。

ただ、あと何回この組み合わせを見ることができるのだろうか?

ちょっと気になるところではあるのだが…。

ご一緒した皆様、お疲れ様でした。
スポンサーサイト



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : EF510 北斗星

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

W1

Author:W1
最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから24年余り…。

未だに単焦点レンズを使って撮影しています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

私のブログはリンクフリーです。リンクはご自由に。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただきありがとうございます。引き続きよろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

お問い合わせ等のメールフォームは、リンク集の一番下にあります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR