FC2ブログ

夜の写真を撮ってからこそ、寝台特急の写真(1)

カシオペアイメージ1

(写真)夜の写真を撮ってからこそ、寝台特急の写真。
室蘭本線 洞爺にて。2004年3月6日撮影。

先週中ごろまでの猛烈な暑さとは打って変わって、先週末からのちょっと寒いくらいの涼しさは、疲れ気味の体には本当に助かります。

中々思うように撮影に出られていないので、過去に撮った写真から1枚ひっぱり出してきて話をしようと思う。

ずいぶん古い写真だが、今から7年前の春先に北海道に行ったときに撮ってきた写真。

この日は朝から曇り空で、時折雪が降ってくる状況。しかし、この年は暖冬傾向で早々に雪がなくなってしまい、春の雪なので、日中雪が降ったとしても、すぐに溶けてしまう。

この頃、まだデジタル一眼の駆け出しで、ISO感度の限界を見るのには都合がよかったので、取り敢えずはデジタルで撮影を続けた。

ただ、天気の悪さも手伝って、今一つやる気が出ない状況。だけど、こういう時こそ、夜のイメージを狙った写真に期待してしまうのである。

すっかり日も暮れた18時過ぎ、洞爺駅にやってきた。この頃上野行きの寝台特急「カシオペア」は洞爺で「スーパー北斗18号」との待ち合わせをするため、中線(2番線)に入線、約10分ほど停車する。これはイメージを狙った写真を撮るのには打ってつけなのである。

洞爺駅の跨線橋上野よりからカメラをセットして、しばし待つ。(注:2010年冬の改正から洞爺駅での退避はなくなりました。上り「トワイライト」の退避が10何年か振りに復活しています。)

18時半過ぎ、「ピンポーン、間もなく列車が来ます。危険ですので、下がってお待ちください。」のアナウンスとともに、駅はずれの踏切が鳴り出した。列車はもうすぐ到着する。

札幌側を眺めると、遠目にはDD51のヘッドライトが見えてきた。定時だ。やがて、中線に迫力のあるDD51重連牽引で「カシオペア」が入線。撮影開始。中々いい雰囲気だが、雪が少ないのが残念。多ければもっと冬らしく見えるのに…。

撮影を進めていくと、「スーパー北斗18号」が到着。長時間露光でテールライトの光跡をはっきり出そうと、それを狙う。長時間露光が終わり、上り「カシオペア」が何事もなかったように洞爺駅を発車。もちろん、これも撮影。

道具を片付けて、プレビューをチェックしたら、「できた!でも、もう少し雪があればもっとよかったのに…。」と思った。

寝台特急は、昼間の走りもいいけど、やはり自分の中では、

「寝台特急=夜汽車」

のイメージがある手前、夜の写真も撮りたくなってしまうのです。寝台特急の夜の写真は昼間とはまた違った魅力に、つい北海道室蘭本線に出かけると、その度に撮影してしまうのです…。

この辺の話は、まだ出てくるので、引き続きお話ししようと思う。
スポンサーサイト



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : カシオペア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

W1

Author:W1
最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから24年余り…。

未だに単焦点レンズを使って撮影しています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

私のブログはリンクフリーです。リンクはご自由に。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただきありがとうございます。引き続きよろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

お問い合わせ等のメールフォームは、リンク集の一番下にあります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR