FC2ブログ

久々の京成線撮影

京成3400形

(写真1)久しぶりに京成沿線にやってきて、最初に来たのが京成3400形。
京成線 京成立石-四ツ木にて。2011年6月9日撮影。(以下全て同じ。)

前回のブログで語った通り、EF641000の撮影の後久々京成沿線に出向いた時の写真を紹介しようと思う。

写真1は日中は佐倉-西馬込を往復する快速。夕方は羽田空港に乗り入れる。種別幕が変わってからの写真が少なく、京成3400形は3700形がLED化する中でいまだに幕を使っているので、シャッター速度にあまり気を遣うことがない。運行番号が切れてしまっているが、これはご愛嬌。

京成3700形1

(写真2)京成3700形の普通羽田空港行。

写真2は、京成3700形の普通羽田空港行。普通の列車写真を撮るにはこれで十分だが、行先が切れてしまった。
LEDのことは、このブログの一番最初にも書いたが、行先がLEDとはいえ、できることならこれが読める写真にしたいもの。そこで…。

京成3700形2

(写真3)京成3700形の快速羽田空港行。シャッター速度を1/125で軽く振ってみた。

写真3は、京成3700形の快速羽田空港行。フルカラーLEDの3738編成がやってきた。過去の傾向から、予めシャッター速度を1/125にして動体予測。軽く振ってみたら、LEDの行先を写し止め、さらに編成も写し止めることができた。

京成3500形快速特急

(写真4)何気に振り返った場所がよかったので、日の光が弱いのを逆手にとって下り列車を撮影した。

都営5300形

(写真5)都営5300形も、初期車はすでに登場から20年以上が経過している。

夕方の下り列車は、天気が良いと逆光になるところだが、日の光が弱いのを逆手にとって撮影してみた。写真4は平日の夕方以降、都営線から直通する快速特急。この日は、京成3500形がやってきた。

写真5は登場からすでに20年以上が過ぎた都営5300形。LED幕初期の車は直流電源のものが多いため、通常の列車写真を撮る要領で幕が切れることはない。

この日の撮影はこれで終わりにしたのだけど、やはり、字幕がLEDとはいえ、これが出せないと意味がないのではないかと思えてしまう。

特に最近の鉄道雑誌等を眺めていると、列車写真としては十分でも、LED表示が切れているのは、いかがなものかと思えてしまうことがある。

LED表示の車両に対しては、普通の列車写真を撮ることに加え、LED表示を切らない工夫が必要なのではないかとついつい思えてしまうのである。

次回も、もう少しこの辺の話をしていこうと思う。
スポンサーサイト



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご無沙汰してしまいました。
世間も色々ありましたが、お変りありませんでしょうか。
私の方はなんとか元気です。

いやあ、さすがビシっと決まっていますね!
完璧な露出と階調表現、ああやっぱりW1さんの作品だなあ。。
なんて感じました。
ブラボーです(^^)

ありがとうございます!

>Scanoさん

お久しぶりです。ご無沙汰しています。
コメントありがとうございます。

何気に近所で撮影しているのって、いいんですよ。
機会があれば、いくらでも撮影できるし、何らかの発見もあるしで…。

写真は大した絵ではないのですが、自分自身で気になっているところを表現するにはどうしようかと考えていたら、こうなりましたっていう感じなのです。

写真の立石も、あと何年かでこういう写真は撮れなくなるので、今のうちに撮影して記録に残しておこうと考えています。
プロフィール

W1

Author:W1
最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから24年余り…。

未だに単焦点レンズを使って撮影しています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

私のブログはリンクフリーです。リンクはご自由に。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただきありがとうございます。引き続きよろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

お問い合わせ等のメールフォームは、リンク集の一番下にあります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR