FC2ブログ

LEDの文字を写す(1)

k3728-216.jpg

(写真)京成3700形 青砥-立石にて。
EF300mm F/2.8LⅢ+Ex2×Ⅱ 1/125sec f:11 ISO200 AWB 動体予測併用

ここ何年か、鉄道の写真を撮る上で意外と厄介なのは、すっかり多くなったLED表示の電車。

紹介する写真は、つい先月末、久々撮影に出た時にいつもの場所で撮った写真。

写真の京成3700形も、行先表示機を字幕からLED(3色表示タイプ)に交換されてしまい、列車を写し止めるシャッター速度で撮影すると、見事にLEDが切れて何を表示しているのかわからなくなってしまう。

ここで、LEDについて少し触れておこう。

LEDで表示しているものは、見た目は連続して表示しているように見えるが、実際にはある周期で(これは車種によって違うのだが。)点滅を繰り返しているため、あまり速いシャッター速度で切ってしまうと、シャッター速度次第では、点灯している状態と消灯している状態とが混在した状態になるため、表示が切れた状態になってしまう。

では、LEDが切れる状態を避けるにはどうしたらよいのか?

それは、車種による傾向を見極めたうえで撮影することです。

今まで私が撮影してきた被写体の中での傾向を書いてみます。

・1/500で大丈夫な被写体

キハ283系・651系・209系500番台・E231系・207系・223系・321系・都営5300形・都営10-000形・東急8500系…

・1/250で大丈夫な被写体

東武50000系・京急1000形…

・1/125以下でないと像が残らない被写体

京成3700形(写真・北総7300形も含む)・京成3000形(北総7500形も含む)・Y500系(東急5000系(3色LED)を含む)…

ちなみに、東武30000系と東武8000系(LED改修車)は1/60で切らないと切れます。

ただ、これはあくまでも目安ですので、こういう被写体に取り組む際は、各自で傾向を研究されたほうがよいと考えます。LED表示機のある被写体の傾向がわかると、おおよその撮影の仕方、まとめ方がわかってくると思います。
スポンサーサイト



テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

W1

Author:W1
最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから24年余り…。

未だに単焦点レンズを使って撮影しています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

私のブログはリンクフリーです。リンクはご自由に。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただきありがとうございます。引き続きよろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

お問い合わせ等のメールフォームは、リンク集の一番下にあります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR