FC2ブログ

EF641000(3次型・原色)牽引の「あけぼの」を撮影する。

あけぼの105101
(写真1)久々の定番撮影だけど、いまや、まともにEF641000(3次型・原色)が拝めるのは、この臨時「あけぼの」のみだ。
EF135㎜ F/2L 1/1000sec f:4 ISO:500 AWB
いずれの写真も 東北本線 尾久-上野にて。2014年8月11日撮影。

久しぶりのブログになりますね…。

今年の西胆振は、天気が余りにも悪そうだ。

晴れの予報が出ていても、翌朝起きたら霧が…。

そうは簡単には晴れないのが、西胆振の夏の天気なのである。

この夏、寝台を撮りに西胆振に行かれている人たちは相当苦戦しているように思える…。

と、こんな話は置いておいて…、

夏の臨時「あけぼの」の運転が始まった。今回は上野発8月18日までの設定だ。

しかし、中々タイミングがあわず、撮影に出る時機を探っていた…。

しばらく、機関車運用を眺めているうちに、11日上野着は1051号機が来そうだ…。これは行きたい…。

今や貴重な641000の3次型原色機は、旅客会社にしかいないのだ。これは姿が見られるうちに撮影しないと…。

というわけで、定番ながら撮影したのが写真1だ。

5月の時と違って、徐々に日の出が遅くなってきていて、太陽も斜光線気味になるので、上り列車はこの場所でも日が射さなくなった分だけ、撮影はしやすい。

ほぼ時刻通りに通過した。

でも、これだけでは終わらせないので…、

あけぼの105102
(写真2)やっぱり「推回」もやっておきたい。
EF200mm F/2.8LⅡ 1/500sec f:5.6 ISO100 WB:晴れ 動体予測機能併用

ちょっとやけくそ気味だけど、推回「あけぼの」も狙っておきたい。

さすがにこの時間になると、ようやくサイドに日が回り始めた…。

「この姿も、あとどのくらい見ることができるのだろうか?」

と考えると、撮らないわけにはいかないのである。

貨物会社ではすでに全滅してしまった641000(3次型・原色)。

旅客会社でも、いまや、臨時「あけぼの」や臨時列車がない限り、姿を見ることが難しくなってしまった。

配給はもっぱら双頭機が担当するので、3次型原色そのものが見られること自体が貴重なのである。

しかも、ほぼ原型の機体を維持していること自体が奇跡なのである。

旅客会社ゆえ、機体の状態がきれいなのも特筆できるところだ。
スポンサーサイト



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : あけぼの EF641000

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

W1

Author:W1
最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから24年余り…。

未だに単焦点レンズを使って撮影しています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

私のブログはリンクフリーです。リンクはご自由に。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただきありがとうございます。引き続きよろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

お問い合わせ等のメールフォームは、リンク集の一番下にあります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR