FC2ブログ

本州場面で寝台特急「北斗星」を撮影する(4)

北斗星下り14061901
(写真)どうしても、この時期この場所ならではの絵が欲しかった。
東北本線 上野-尾久にて。2014年6月19日撮影。
EF300㎜ F/2.8LⅢ+Ex.1.4× 1/250sec f:5.6 ISO:5000 WB: 2500K 動体予測機能併用。

夏至前の日没前後のシーンは(ある程度までは)決めてきたつもりだが、どうしても、この場所の絵を残しておきたかった。

梅雨時期にもかかわらず、夕方まで晴れると、つい撮影に出かけてしまうのだ。

この日は、夕方遅くなって雲が出てきたので、意図的にたっぷり青みをかけて夜に向かって走る寝台特急列車の雰囲気を出してみた。

このシーンも、来年の今頃は拝むことは難しいだろう…。

ここの所、撮影に行くたびに思うのは、行った場所でシャッターを押すことが記録に結びついているような気がするのだ。

もう、下り列車を記録できる時間は限られてきている。あと、何回記録することができるだろうか?
スポンサーサイト



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : EF510 北斗星

コメントの投稿

非公開コメント

これは撮れない・・

旅へ誘うポスターのような作品ですが、これは撮れない、真似できない・・。
絶妙なカーブ、ライト、青味がかった空気、そして車輌の青。どれか一つでも欠けると感動しないと思います。

引き伸ばして部屋に貼りたくなる一枚です。

いつもありがとうございます!

> 神戸のブレービーさん

いつもカキコありがとうございます!

#ちょっと恐縮しております…。

やっぱり、「ブルートレイン」と言ったら、こういう絵なんじゃないかなと思います。

蒼い時間に走る青い車体…。

私の中にある「ブルートレイン」のイメージの中の一つに限りなく近い絵が撮れて、撮影後のプレビューを見て思わずうれしくなりました。

確かに、昼間の絵もいいのですが、日没前後の時間帯を走る列車の写真もいいんじゃないかと思うのです。

特に「ブルートレイン」は長距離を走る手前、こういう時間帯の写真があってもいいんじゃないかと。

あとは、デジタルカメラの技術のなせる業かとも思うのです。

特に高感度が使えることで、意外と幅が出せるような気がするのです。

フィルム時代では、到底ここまで再現することは、まず不可能だったんじゃないかと。

「撮影に行って良かった。」

と思った一枚です。
プロフィール

W1

Author:W1
最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから24年余り…。

未だに単焦点レンズを使って撮影しています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

私のブログはリンクフリーです。リンクはご自由に。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただきありがとうございます。引き続きよろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

お問い合わせ等のメールフォームは、リンク集の一番下にあります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR