FC2ブログ

本州場面で寝台特急「北斗星」を撮影する(5)

北斗星上り141001
(写真)終着駅近くに滑り込む「北斗星」。こんなシーンも、ほぼ毎日見られるのは来年の3月改正までだ。
東北本線 尾久-上野にて。2014年10月撮影。
EF135㎜ F/2LⅡ 1/125sec f:11 WB:太陽光 動体予測機能併用。

いよいよ来春改正で、「北斗星」の定期運転が終わることが発表された。

既に札幌発14日から上野到着の時刻繰り下げが始まっているため、光線の回り方が変わってくる。

日の短い時期の30分延着なので、写真の向きに光線が当たるようになる。

まともに、日暮里の定番歩道橋で撮っているようではサイドがつぶれてしまう。

となると、ある程度光線回りが良くなる場所で撮らないと、あまり意味がなくなってくるのだ。

今回紹介する写真は、鶯谷駅のホームから撮影したもの。

撮影が10月下旬だったので、まだサイドが弱いが、これからの時期なら完全に桜田順光!!になるだろう。

定期運転終了まで残すところわずかだ。今年は年末年始の設定がない。

となると、少ない機会で、出来る限りいい光線で走りの写真を撮っていきたいものだ。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : EF510 北斗星

北海道寝台特急最終章へ…。(14)

トワイライト下り02春
(写真)当時、3月上旬の下り「トワイライトエクスプレス」は、夜が明けてから間もなくやってくる。
室蘭本線 大岸にて。2002年3月撮影。

この日は朝から晴れたのだが、大岸駅は海沿いにあるので寒さがきつかった。

夜明け間もなくの10分くらいの光線が、何とも言えない状況を作り出してくれる。

そんな中、現れた「トワイライトエクスプレス」。

まさに、朝ぼらけの中通過する「トワイライトエクスプレス」が撮影できた。

「トワイライトタイム」とは、夕方日没前の時間を指すことが多いが、

朝方のこの時間帯も、別の意味で「トワイライトタイム」ではないかと思ってしまうのだ。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : トワイライトエクスプレス DD51

北海道寝台特急最終章へ…。(13)

北斗星3号02年春02
(写真)機関車が好きだから、ついついこういう絵も撮ってしまう。「北斗星3号」。
室蘭本線 礼文-大岸にて。 2002年3月撮影。

長く同じ沿線の撮影地を探し求めて撮影を続けていると、こういう絵も撮りたくなるのだ。

DD51の後期耐寒仕様機は好きな被写体だけど、編成との統一感が感じられる星ガマ重連がいいのです。

機関車中心の絵も悪くはないと思う。

この写真を眺めていると、潮混じりの風は冷たいけど、澄んでいたことを思い出します。

(写真は函館運輸所発行「北斗星」オレンジカード(台紙)に採用。)

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : DD51 北斗星

北海道寝台特急最終章へ…。(12)

北斗星3号04年春01
(写真)3月上旬、礼文辺りまで来ると雪が見られた。「北斗星3号」。
室蘭本線 礼文にて。2004年3月撮影。

太陽がうす雲の中に隠れたので、影が出なくなったことで、逆にすっきりした絵が撮れた。

駅構内外れ(もちろん敷地外です。)から撮影したもの。

意外と駅構内には見えない。

やっぱり、雪に寝台特急は似合う。

だから、北海道から冬の便りが聞こえてくると、撮影に出かけたくなってしまうのだ。

北海道が本当に好きなら、冬の時期に旅したり、撮影するのもアリだと思う。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : 北斗星 DD51

北海道寝台特急最終章へ…。(11)

トワイライト上り02冬01
(写真)12月下旬、北海道で日の当たる時間は短い。「トワイライトエクスプレス」上りの時間ではすでに斜光線だ。
千歳線 植苗-沼ノ端にて。2002年12月撮影。

先日、メディアで「北斗星」が来春で廃止されることが発表された。

本当に、今まで北海道寝台特急列車を数多く記録してきてよかったと思った。

こういう報道が流れるたびに思うのだが、

「普段から、普通に見られるときにシャッターを押しておくことに越したことはない。」

と、いつも思うのだ。

長年寝台列車撮影で通い続けた北海道。

数多くの思い出と記録を残してきた。

中々思い通りにはならないことが多く、歯がゆい思いは何度もしてきた。

しかし、どういうわけかまたチャレンジしようと思わせるから不思議なのだ。

DD星ガマ重連、24系寝台車…。

この組合わせは不思議と飽きない…。

今、DD51が重連で牽引する旅客列車は、ここ北海道でしか見られないのだから。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : トワイライトエクスプレス DD51

トワイライトエクスプレスを撮影する(2)

トワイライト02年2月01
(写真)この日の北陸線は寝台列車が軒並み遅れていた。「日本海2号」も2時間遅れ。「日本海4号」は1時間遅れ。
トワイライトエクスプレス」は80分遅れで通過していった。
北陸本線 今庄付近にて。2002年2月撮影。

さっぽろ雪まつり期間は毎日運転になる「トワイライトエクスプレス」。

この日は寝台列車のみ遅れていた。

しかも、現地は雪が降ったりやんだりで天気が安定しない。典型的な日本海側の冬の天気だ。

「日本海4号」が1時間遅れで通過。

「果たして「トワイライト」は来るのだろうか?」

当然、所定の通過時間には現れるわけもなく、通過時間から80分くらいになろうとしていたころ、踏切が鳴り始めた。

やがて、遠目から深緑の81が!

寒さも限界、鼻はずるずるでファインダーを覗いてタイミングを計ってシャッターを切った。

食堂のクルーの人達がお手振りしてくれたのがすごく印象に残っている。

この列車の撮影で北陸線列車撮影旅行はおしまい。

この写真を撮った後、小松空港に向けて車を走らせた。

いま、この場所はスプリンクラーがついてしまい、こういう絵が撮れなくなってしまった。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : トワイライトエクスプレス EF81

北海道寝台特急最終章へ…。(10)

トワイライト00年春01
(写真)3月上旬、当時の「トワイライトエクスプレス」の通過時間では、晴れないとまだ夜明け前のような写真だ。
室蘭本線 大岸-豊浦にて。2001年3月撮影。

前の日にまとまった雪が降ったおかげで、辺り一面が銀世界になった。

朝になっても、雪がちらついていたので、一抹の不安がよぎった。

しかし、現場について、機材をセットしているうちにその不安は消えた。

やがて、雪煙を上げながら走ってくる「トワイライトエクスプレス」。

DDのHMが左に振り始めるところにピントを合わせてからシャッターを切り始めた。

撮影を終えてから、

「雪景色の夜明け前、雰囲気をつかんだ絵が撮れた。」

という確信に変わった。

久々手ごたえを感じた一枚だ。

(写真は雑誌「一個人」に採用。)

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : DD51 トワイライトエクスプレス

北海道寝台特急最終章へ…。(9)

北斗星1号02春01
(写真)この年は3月中旬に訪れたので、雪の残り具合はイマイチ。
それでも、この場所なら日が長くなってきているので「北斗星1号」で十分な光線が得られた。
室蘭本線 長和付近にて。2002年3月撮影。

確か、撮影の最終日だったと思う。

この日は、朝からいい天気になって冷え込みがきつくなったので、前の日までに降った雪が残っているだろうと思い、長和駅近くの踏切から撮影した。

ヘッドマークは回ってしまっているが、雪晴れでこういう光線が得られたら申し分ない。

かなり前(約25年くらい前)に鉄道雑誌に載った場所なのだが、この場所は比較的開けているので、朝の早い時間から日が回るので撮影しやすい。

好きな場所のひとつなので、季節が変わるたびに1度は撮影している場所だ。

いいですよ。冬の撮影。

寒さとの戦いにはなるけれど、寒さを我慢すれば、我慢しただけのものが撮れますよ。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

tag : DD51 北斗星

プロフィール

W1

Author:W1
最初に買った単焦点レンズで撮影するようになってから24年余り…。

未だに単焦点レンズを使って撮影しています。

過去に撮ったものから、最近撮影したものまで、撮影する際に心がけていることや気になること、こだわっていることを書いています。

ごくまれに「ひとりごと?」を書くことがあります。

リンクについては、私が「いいねぇ!」と思ったリンクを適宜追加していきます。

私のブログはリンクフリーです。リンクはご自由に。

他のFC2ブログから当ブログにご訪問の皆様、いつもご訪問いただきありがとうございます。引き続きよろしくお願いいたします。

コメントは承認制です。投稿される前に以下に該当していないか確認してください。

・ロケ地に関する問い合わせ。(自分で探すものです。)

・私的利用を目的とした写真の提供。

・HNのないもの。

・最低限のあいさつのないもの。(特に初めて投稿される場合。)

・ブログテーマの趣旨から外れたコメント。

・独りよがりなコメント。

以上に該当するものはアップしませんので、予めご了承ください。

お問い合わせ等のメールフォームは、リンク集の一番下にあります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR